縁切縁結の神社「宇美神社」参詣される方へ

2020年3月24日(火)

宇美神社の縁切りについてお問い合わせが増えているので参詣方法を書いておきます。

宇美神社は戦国時代の終わり頃に平田の七つの社を合わせて祀られるようになった神社なので、たくさんの神様たちが祀られていて、いろいろなお願い事をきいてくださいます。主祭神 布都御魂命を始めとする十七柱の神様が祀られています。

そのなかの「悪縁を断つ」縁切りの神様がコトサカノヲノミコトです。イザナギとイザナミが黄泉比良坂で永遠の別れをした時に産まれた神様で、決別と再生を象徴する神様です。

縁結の地「出雲」にある縁切りで、少し憚られるところもありますが、縁結びと縁切りは表裏一体のもののように思います。縁切りは決して過去の自分の否定などではなく、新しい道へと進む決心や勇気を与えるものではないでしょうか。

男女の別れだけでなく病気や良くない癖や巡り合わせ、また、恨み、嫉み等、自分自身を闇の淵に落とすような心を浄化することを叶えてくださいます。

前進を阻む様々な悪縁や心の弱さなどから解き放たれ、一歩を踏み出すことで良縁を結びやすくするご利益があります。出雲大社で良縁を願う前にどうぞ参詣なさってください。

参詣の作法は、二礼二拍一礼、左回り(時計回り)です。縁切りの詳しい参詣方法は書いて画像にしたので読んでください。

  • ・縁切り箱に入れられた木札は誰の目にも触れず祈念されお焚き上げをされます。
  • ・縁切り祈願をして、反時計回り(右回り)に回って縁結神社に参詣すると切ったものとまた結ばれてしまうと云われていますので、縁切りなさりたい方はお気をつけください。
  • ・復縁でお詣りになる場合でも、これまでの自分や関係と一度縁を切る祈願をし、反時計回りに回り縁結び神社で復縁の祈願をなさってください。